スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.07.01 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    仏教界の偉人 正師 日隆上人

    0
       仏教信仰の正しい在り方は、在家にある。とお話ししてきましたが、在家信者の歴史的信仰形態を眺め、
      現在の在家信行の在り方を、あなた自身の観点で考えることも大切なことと思います。

      日本の仏教の衰退は、そもそも人間世界の、人間の不完全さと人の煩悩で必然的に生ずるもので、
      仏教に無知の為政者や宗教家などの法敵によって歪められていますが、これもまた、人間のみが持つ
      浄化心が、心の歪みの浄化作用となりますが、その人のと言われる、奥深い心の歪みは、先の「心」で
      お話ししましたように、真の信仰でしか正すことはできないのです。

      日蓮聖人と、その後々の時代も、仏教の盛衰は続くと考えられますが、大切なことは、末法の今の時代は、
      真の仏教で、在家による在世の今でしか、そして、あなたにしかできない、あなたの下種
      (成仏の種)が、そして、あなたの大切な人への真の仏教の伝承が必要であり、最衰退期の末法期は、
      人類の危機、あなた命(仏心)の危機の時代であることの認識が必要なのです。

      悲しいかな!!仏教に縁の無い人にはピンと来ないと思いますが、これは真実なのです。

      法華経を信ずることの難しさは、経典に、「一眼の亀の浮木の穴に値うが如し」即ち、片目の亀が、
      大海に浮いている穴が開いた木片に遭うような奇跡なのだ。と例えています。

      さて、末法時の教祖日蓮宗の歴史で、危機にある、真の仏教を繋いだ正師の一人に、日隆上人がおります。 

      この方は、末法仏教の歴史を塗り替えた仏教中興の祖と言える、末法の仏教界を代表する正師であり、
      偉人の一人です。

      次に、日隆上人を尋ねてみます。



      スポンサーサイト

      0
        • 2014.07.01 Tuesday
        • -
        • 18:00
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>

        在家日蓮宗淨風会

        今年の初詣はどこへ

        selected entries

        categories

        archives

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM