スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.07.01 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    仏心とは万物に共通して存在する心

    0
       

      さて、人の心の様相を「般若心経」の仏智を通して見てまいりましたが、さて一般に心と言いますと、人の心のみと考えるのが普通であると思います。

      が、実は、自然界のすべてのものに「共通した心」が存在します。

       

      その存在を仏教では、「仏心」と呼んでいます。

      他教では、恐らくこの様な万物が心を持つという考え方は無いと思います。

       

      何故なら、その宗教や宗派の教主や、又は、その崇拝の対象が人や動物であり、樹木や山や川、そして、海などであるためです。

       

      仏教の「仏心」が万物に何故存在するのかと言いますと、宇宙上の万物に、宇宙の慈悲の魂、成仏へのエネルギー輪廻を絶やさないこと「ご法」(真実)にあります。

       

      成仏の機会は万物が共有なのですが、ここでの問題は、始めも終わりもない輪廻の宇宙界で、この成仏ができる機会は、人間に輪廻した時にしか与えられないのです。

       

      その理由は、今までお話ししてきました、八識の心( ()()()(しき)=悟りの心 )は、人にしか存在しないからです。

       

      この()()()(しき)、正法の御題目口唱で有一「連持心」を起こし、仏心の九識(= 庵摩羅識=真淨識 )と合体できる心であるからです。

       

      仏心と合体し「仏心」と成る、即ち、これのみが、「成仏」=「永遠の生命」の道なのです。

       

      ここで、あなたもお分かりと思いますが、あなたが人として生きている「現世」でしか、「来世」の「成仏」の心となる、「連持心」を起こす「信仰」ができない訳で、来世の「果」である、成仏の「因」の、「正しい信仰」が「現世」で必須となるのです。

       

      仏教は、因と果の「理」による宗教です。

       

      この現代は、仏教の宗教心が滅した世で「末法」の世と言います。

       

      お釈迦さまが在世であった世を「正法の世」、その後を「像法の世」と言い、「正法の世」から2500年後の現代が「末法の世」となるのですが、其の世毎に、修行の形態が移行します。

       

      例えば、稲の種は春蒔く時期で、夏ではありませんし、果の収穫は秋で、冬ではないように、その時季々々(正法、像法、末法、の世)で、その修行法が異なる理です。

       

      正しい仏教の信仰は一つであり、故に正しい教えも一つであり、その「末法の信仰」を、あなたの生活の基本として、自分を育て、他人を育て、社会を育て、世界を育てて、共に幸せで平和な世界を育て創り上げて、地球上の全ての人を成仏させ、人間世界を(浄土)にする、大慈悲「ご法の心」が、仏教であり、そのための信仰なのです。

       

      如何ですか?

       

      あなたに何故に、何のために「信仰」が必要なのか?

      そして、あなたに必要なその「信仰」とは、何なのか?

       

      がお分かりになったでしょうか。

       

      もしあなたが、この様な簡単な内容の短い文章で、御理解できたとしたら、あなたは、素晴らしい頭脳と心の持主の方と思います。

       

      何故なら、私は、この様な事をお話しできるのは、この信仰に入って

      30年近くになるのに、まだ分からないことが次々と生じているからです。

       

      仏教の世界は、理の世界でその内容が難しく、そして、宇宙観での其の大きさは膨大で緻密であり、そして、仏典そのものがロマンであります。

       

       

      さて、ここで最初に戻り、あなたにした最初の質問を見てみましょう。

       

      宗教とは何だ。

      信仰とは何だ

      信仰と宗教はどっちが先だ。

      宗教は誰のためのものか。

      宗教とは何のためなのか。

      宗教は何故煙たがれるのか

      あなたに信仰は本当に不必要なのか。

      そして、

      貴方は何処から生まれて来たのか。

      貴方はなぜ今生きていられるのか。

      貴方は死んで何処へ行くのか。

      貴方はなぜ死ぬのか。

      貴方は誰なのだ。

       

      貴方はこれらの一般的な問いに、答えが出ましたか。

       

      きっと、あなたはあなた自身のその答えを出されたと存じます。

       

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2014.07.01 Tuesday
        • -
        • 14:05
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>

        在家日蓮宗淨風会

        今年の初詣はどこへ

        selected entries

        categories

        archives

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM