スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.07.01 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    大自然の崇高な姿に「心のふる里」九識を観る

    0
      JUGEMテーマ:スピリチュアル

      朝食の時間に、NHK BSの正月特集で、写真家、白川義員の世界百名山に挑む氏の姿が紹介されていました。

      氏は、世界百ヶ国以上の名山に挑戦して、素晴らしい山の生命の美しさを撮り続けていますが、
      今回は日本の名山の写真でした。

      その中で、氏の言葉に、今の人たちは「科学信仰」があり、自然のもつ命(エネルギー)の大きさと
      神々しい崇高さと美しさに、人は目を向ける必要がある。と語っていました。

      氏の写真集は、長年「自然のメッセージを日本人の魂へ」と願い求めてきた、その姿の表現でした。

      人工色にすっぽりと浸かり、染まって生きている私たちの姿が、科学を崇拝する「科学信仰」と
      表現された氏の言葉に、私は、はたと、感銘を受けたのです。

      現在の近代世界で生活する人類は、その価値を是として、更なる人工世界強勢のために、
      経済的高揚を最優先とする社会の風情は、確かに「科学信仰」の世界と言えると感じたのです。

      私は、人の「心のふる里」に戻る旅を「信仰」としていますが、物質文明の価値を知る人の心は、
      なかなか、自分の持つ精神的信仰の価値に気付くことは、難しい生活環境に在ると言えるでしょう。

      仏教で説く、人の「心のふる里」は「九識」と言われるもので、一般的仏教語では「仏心」と言います。

      この「仏心」と「信仰」はどのような関係なのでしょうか?

      貴方の「仏心」は、あなたの何処に在ると思われますか?

      私の「心のふる里」への旅はまだまだ続きそうです。


      「心のふる里」人の心とは

      0
        JUGEMテーマ:スピリチュアル
         

        人の心は常に変化して無常心であり、何処に在るのか、どのようなものか、自分の心でありながら、その実態を知ることもできません。

         

        それでこの段では、仏教の説く心「識}を参考にして、人の心を尋ねる旅に出たいと思います。

         

        ここで、私たちが自分ではっきりと理解できることに、人の心は身体の中に在ることと、身体の外の影響を受けることです。

         

        そして、身体の外からの刺激は、一般に五感と呼ばれています、人の外境(身体の外界)との接触器官の、目、鼻、口、耳、手足、から外界の情報が運ばれ、その情報を纏めて管理する脳に伝えられるということです。

         

        ただ、これらの認識できる外境情報と、認識できない自律神経の交感神経や副交感神経や、情報の蓄積器官の海馬などは、私たちの無意識の潜在領域で、心の領域となります。

         

        これらの脳の働きを、一般には、理性や本能という言葉がよく使われていますが、さて、ここからが、仏教の心の世界への入り口となります。

         

        先の五感の接触器官は同様ですが、脳の情報を纏めて管理する仕組みの「意」を加えて、六器官として、仏教ではこれを「六根」と呼びます。

         

        そして、其々の器官からの情報を、「塵」と呼び、その情報、即ち、色、香、味、音、触、を「五識」と呼び、これら「五識」の情報、それを「塵」と呼びますが、この「塵」を総和する心を「意」として加え、合計で、「六識」とします。

         

        この様に、自分が認識できる「識」の範囲を纏めたものが「意」ですが、仏教ではこの「意」を、「七識」と呼び、これまでの「六根」を「六識」と名付けています。

         

        通常、私たちが直接認識できる意識は、この七識までの領域となります。

        これから先は、「八識」そして「九識」へと繋がります。つづく


        あなたは「心のふる里」を訪ね当てられますますか!!

        0
          JUGEMテーマ:スピリチュアル
           

          ここまで、「心のふる里」の地図を頼りに、その旅を続けてまいりましたが、果たしてその終点である正しい信仰に、あなたの帰依が叶うのでしょうか?

          あなたに、仏教の大慈悲心であります、成仏の信仰に値する、正しい仏教教団の選択が出来るでしょうか。

          仏教について、その一部を垣間見ながら心の旅を進めて参りましたが、いざご自分の事となりますと、まだまだ疑念やその検証の長い長い道のりがお有りと存じます。

           

          即ち、私がお話ししてきました、色々の事を検証して、あなたの「心のふる里」の信仰ができる信頼の宗派を探し当てて、あなたがその宗派と信仰に辿り着くまで、恐らくは、大変なご苦労と、そして、その決断の必要があると思われます。

           

          仏教経典の譬えに在りますように、天から海に糸を垂らして、浮いている小板の穴を通す程、この「法華経」を信ずることは難しいと言われているのです。

           

          かく言う私も東京で、当時、仏教は一つである筈と決めて、仏教の各宗派を尋ね歩き、その確信を求めて概ね三年を費やしたからです。

           

          各宗派のご信者は、当然ながら自分が帰依する宗派が正しいと信じているので、学の無い私には、何が正しいのかの判別がつかい状態での学習が続き、自分が納得する迄の長い期間が必要でした。

           

          無信仰であった私は、単に仏教は一つであるとする自分の流儀で、親の宗教を統一して、何宗のお墓を作ることが良いのかとしか考えませんでしたが、各宗派を尋ねてみて、何故に、こんなにも宗派があり、崇拝する御本尊が異なるのか、その疑問にぶちのめされたものです。

           

          あなたももしかしたら、その様な思いを持たれてこの旅を続けられているかもしれませんね。

          そこでこの(まつ)(ぽう)(じょく)()あなた自身が選択する真の仏教とは、何宗の何派なのか、その教団は、何処に在るかを、ご案内いたします。

           

          つづく


          人は成仏で「心のふる里」に戻る

          0
            JUGEMテーマ:スピリチュアル
             

            さて、長いこと心のふる里の旅を重ねて参りましたが、現在宇宙と人が呼ぶ、

            全てが存在する世界を営む「慈悲の心」が、仏の心です。

             

            成仏とは、その仏の心に戻ること、即ち、あなたが仏になることを言います。

             

            その為には、仏教の「()()(きょう)」に()()(仏心)に合体する絶対有一の

            (じゅ)(もん)となります題目(はっ)(ほん)(しょ)(けん)(じょう)(ぎょう)(しょ)(でん)(ほん)(にん)()(しゅ)()()(みょう)(ほう)(れん)()(きょう)

            (信仰)を起こして、人の心が体を離れて輪廻する、「八識」を清浄して、

            ()(しき)仏心」合体するための修行」、「信仰必要

             

            それが、「(はん)(にゃ)(しん)(ぎょう)説くもなくもない不生不滅」の永遠あり

            のふる里」慈悲つとなり、この(くう)(かい)あなたの

            なるです

             

            仏教の信仰とは、死して流転する「八識」を「八品所顕上行所伝本因下種」の

            ()(だい)(もく)」「南無妙法蓮華経信仰その(りん)()(かい)流転を

            成仏」一点ります

             

            この末法の現在、仏教経典と正しい信仰を、真にお保ちする教団に、「在家日蓮宗淨風会」があります。

             

            「在家日蓮宗淨風会」は、「法華経」「(じん)(りき)(ほん)(ぞく)(るい)(ほん)(じょう)(ぎょう)()(さつ)

            日蓮(にちれん)上人(しょうにん)」に所伝(伝授)された、(ほん)(いん)()(しゅ)(成仏の種)の八品所顕の御題目なのです。


            | 1/1PAGES |

            PR

            calendar

            S M T W T F S
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << August 2017 >>

            在家日蓮宗淨風会

            今年の初詣はどこへ

            selected entries

            categories

            archives

            recommend

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM