スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.07.01 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    真の仏教と真の仏とは

    0

      仏教は、仏の教えですが、この「仏」とは、2500年前に出現された「迹仏」と「本仏」双方の「釈尊」「(しゃ)()()()(にょ)(らい)」を指します。

       

      この「釈尊」のみが、仏教の「真の仏」です。

       

      現在の仏教界では、「釈尊」の他に、(だい)(にち)(にょ)(らい)()(しゃ)()(ぶつ)()()()(ぶつ)(やく)()(にょ)(らい)等の多くの「仏」が存在して、夫々個々に、「御本尊」となり、信仰の対象となっています。

       

      では、これらの仏とはどの様な仏なのか? を見てみますと、

       

      先に「心のふる里」でお話ししました、釈尊がお説教された、「華厳」「阿含」「方等」「般若」「法華」の五時の教えの内、四時までのその時々にお説になった「方便」=「例えの教え」の、「例え話し」の中で出現する、実存しない「仏の名」なのです。

       

      従いまして、これら(だい)(にち)(にょ)(らい)()(しゃ)()(ぶつ)()()()(ぶつ)(やく)()(にょ)(らい)の「教祖」又は「お導師」として、現世で、如来自らお説きになった教えは存在しないのです。

       

      これで、崇拝の対象となる、真の仏の「御本尊」と、その信仰に関する疑問の一つが解けたと思います。

       

      次に、「真の仏教」についてですが、釈尊のお説教は、その人の「機」(性質や資質)に合わせて、例え話などで分かり

      易く教導した、「(ほう)便(べん)」と呼ばれる「例えでの仏教」があります。

      この「(ほう)便(べん)」に嘘はありません。が、その中には、真の核心は説明されておりません。

       

      例えれば、小学生の教科書の内容に嘘は在りませんが、大学生の教科書の内容はないと同じです。

       

      この様なことから、お説きになる人の資質()に合わせて、長い年月に教えられた内容と、その内容のレベル深浅で表した教典も、膨大な数となっています。

       

      故に個人のみで、これら全て読み説くことは、到底不可能でありますので、後に天台大師一門が、その多数のお弟子と共に、長年の年月をかけて体系化されたのが、現在の仏教経典です。

       

      そして、その経典の最上位に、五時八年でお説きになった「法華経」があります。

       

      そこに、釈尊自らが、「仏教」の真理は、「法華経」であると、お話しているのです。

       

      即ち、「真の仏教」とは、先の五時が、釈尊の教えの最後期であり、要「核心」であり、ここで初めて、「仏の真実」と「法」の秘密が明かされたのが「法華経」なのです。

       

      では、この「仏の真実」と「法」とは何のことでしょうか?

       

      それを極、平易にご説明致します。

       

       


      | 1/1PAGES |

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>

      在家日蓮宗淨風会

      今年の初詣はどこへ

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM